2007年12月13日

鍵!鍵!鍵!!


いきなりですが・・・

まぁ〜よく皆さん鍵を紛失するものです。

もちろん、管理している戸数が多いというのもありますが、大抵の鍵を紛失される人のパターンも決まっています。

もう、常連になっている人もいますからね。

やはり福祉受給者の方がよく紛失されます。

その原因は「酒」「ボケみたいなもの」ですね!



続きを読む
posted by 玉三郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

幽霊の出る部屋?


今日は急な部屋の退去の立会の日でした。

入居者は20代の女性で、不幸にも実家のお母様がお亡くなりになられたのです。

その為、実家に帰るのだそうです。

「ん?確かこの子は以前、部屋に幽霊が出るて言っていた子じゃないか!」





続きを読む
posted by 玉三郎 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

勝手に部屋の大改装


今日はかなり以前から弁護士先生を通じて、部屋の明け渡しの話を進めてきた部屋の明け渡し日でした。

ここは我々が管理しているマンションの中でも、以前お話した一番ディープな建物です。

契約者は個人名ですが、利用しているのは「反社会的勢力」と呼ばれる団体です。



続きを読む
posted by 玉三郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

出たな!電気泥棒!


今朝、日常清掃をして頂いている方からの連絡がありました。

共用廊下にあるコンセントから延長コードで、ある部屋に電気を引っ張り込んでいるとの事。

そうなんです!

たまにいるのですよ!

「電気泥棒が!」

早速訪問する事に。

過去のパターンとして、この様なセコいタイプはすぐに家賃も滞って、挙句の果ては飛んでいくか、強制解約になるパターンです。

(あ〜ぁ!こいつも長くないんだろうなぁ〜!)と思いながら現地へ。

不自然にビロロ〜ンと伸びたコードが蛇の様に廊下を這っていました。

耳を澄ますとテレビの音が聞こえて来るし、電気メーターもグルグル回っている。

(こりゃー確実に居るな!しかもこの電気でテレビ見てやがる)ちっ(怒った顔)

「ドンドンドン」とドアをノックするが、出て来る気配なし。

「○○さん!管理会社です。ちょっといいですか!」

それでも出てこない。

それでは・・・と電気コードをコンセントから「ブチリ」と引き抜くと。

「あ!はい、すみません」と出て来た。

「ダメですやん!こんな事したら!電気代請求しますよ!」

こんな調子で説教を続けるわけです。

入居者はただひたすら謝り、もう致しませんと繰り返すばかりです。

それで現場から引き上げたのですが、必ずこの人は同じ事を繰り返します。

間違いありません!

これは私の経験で得た感ですが、はずれる事はないでしょう。

そして最後は先ほど話した通りの結末が待っているはずです。

今まで色々な入居者を見てきましたので、大抵の場合のパターンは決まっていますからね。

ちなみに今回のこの入居者は30代前半の女性ですあせあせ(飛び散る汗)



posted by 玉三郎 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

洗濯機の水は怖いものです!


とあるマンションの近隣の方から一本の電話がありました。

「ベランダの洗濯機用の水道から水がドバドバと出たままなんですけど!」

話を聞くと1階のある部屋の洗濯機用給水ホースが外れて、水が出たままの状態らしいのです。

入居者へ連絡するが、その番号は既に使われていなく・・・

仕方なく現地へ急行!

1階でしたのでベランダから蛇口を止めて無事終了。

洗濯が終了すると蛇口は開いていても水はとまりますが、ホースが外れるとこの様な状態になりますので、皆さんも気を付けて下さい。

そう言えば以前、同じ洗濯機にまつわる話ですが・・・

2階に住む方からベランダのサッシの上からポタポタと水が落ちてくるとの連絡がありました。

上の方は非常に若いおかあさんと小さなお子さんでお住まいでした。

電話をするが、外出中なので急遽合鍵で入室許可をとり現地へ!

するとベランダに面したDKに水が入って来ているではないですかexclamation×2

ベランダの吐き出し窓を開けると・・・

まるで子供用プールの様に水で一杯に!

(な・な・なんじゃこりゃ〜あせあせ(飛び散る汗)

(まさか子供をここで水遊びをさせてるわけないよな?)

なんて勝手な事を思いながら原因を探してみると。

完全にベランダの排水口がゴミで詰まっていました。

その水が溢れて室内に流れ込んできてたわけです。

とにかくゴミを取り除き、排水できるようにして完了!

下の階への水漏れも、ひどくなる前に処理を終えたので大事に至らず済みました。

ベランダはどうしても外のゴミや枯れ葉等が入って来ますし、洗濯排水に含まれる繊維なども原因でこの様な事が起きるわけです。

年に一度でもベランダ掃除をしておれば、この様な事はあまり起きないのですがね。

普段、掃除する方とそうでない方の差が出る出来事でした。





posted by 玉三郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

新規管理物件の再生


今日は新しく管理する2棟のマンションへの挨拶でした。

今回は売買による所有権移転はなく、オーナーさんが自己管理していたマンションの管理を委託されたのです。

2棟ともワンルームマンションなのですが、昔のタイプのため狭く、ベランダもないタイプでした。

単身用マンションはタイプや流行の移り変わりが速く、ファミリータイプでしたらあまり変化はないのですが・・・

(これはなかなか入居者決まらないだろうな・・・)

そう思いながら掲示板に管理会社変更の挨拶文を貼り付け、各入居者へも挨拶へ回りました。

訪問して在宅中の方は全体の五分の一程度でしたが、会った方々は全て福祉受給者と一目でわかる人達でした。

そうでもないと、古いタイプのワンルームへの入居者を集める事は出来ないでしょう!

ここは管理会社の提案での「福祉マンション」にするか否かのオーナーの悩み所だと思います。

そりゃーオーナーさんとすれば家賃収入は喉から手がでるほど欲しいでしょうし、それに対し一般の入居者が入らなくなるリスクもありますからね!

でも、そのマンションもまだ空き部屋は結構あります。

部屋を埋めるため、今後入居審査を更に低くしないといけないのかも・・・

そうすれば自然と私達のクレーム対応の仕事が増えるでしょうダッシュ(走り出すさま)







posted by 玉三郎 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

病み上がりにきつい一発


参りました〜あせあせ(飛び散る汗)

今はやりのインフルエンザでこの2日間ダウンです。

まだ体調は完璧ではありませんが、業務をこなしてきました。
(皆さんもインフルエンザにはくれぐれもご注意を!)

そんな今日に限って約2ヶ月ぶりにI子おばさんからの電話がありました。

「もしもし?誰ですか?」

「玉三郎ですけど」

しかし、いきなり電話かけてきた方から、誰ですか・・・とはね。

このドヨ〜ンとした、聞き覚えのある声は間違いなくI子おばさんと確信できました。

一度聞いたら決して忘れられない声と話の内容ですから!

「あのね〜隣の部屋で3人の人が携帯電話で〜凄く大きな声でしゃべってるの〜!何だか怖〜い」

出たな!今回はこのパターンか!・・・さて、早く切り上げるにはそうしようか?・・・と思いながら話相手を続けることに。

「こうしてね、私が電話すると静かになるの〜」

ハッキリ言ってこの人もイッています。

I子おばさんのパターンはこの「電話で大声」と夏になると「上の階の人がダイブするんです」パターン。

これは誰が何処へダイブするのか不明ですが・・・窓からならば必ず即死ですけどね。

それとたまにしか出さない稀な「お相撲さんが・・・」

これは隣でお相撲さんがシコを踏むのでうるさいそうです。

これを読んでいる方なら笑い話で終わるでしょうが、この会話をうまく終わらせないと大変なんです。

長々と話すわけの解らない会話に怒って切ってしまうと、何度でも電話がかかってきます。

そうなると、こちらもイライラしますし、仕事も進まない!

こんな相手でこちらが腹立てたりする事事態がバカらしいじゃないですか?

なのでその相手によってスッキリと電話を切ってくれるパターンを見つけるのが得策です。

もちろん他にもわけの解らない電話をしてくる人は結構います。

皆、イッてます(このような表現ですみませんが・・・)

「壁の中から声が聞こえてくると言う男」

「室内に隠しカメラが設置されたと言う女」

「私は精神病患者です!と何故か喚く女」

「上の階の物音が俺を追いかけると恐れるおっさん」
等など・・・

疲れますたらーっ(汗)

この様な人達は大体、電話がかかってくるパターンも決まってます。

2ヶ月に一度の人、半年に一度の人と・・・て感じです。

新しい入居者でこの様な電話があれば我々スタッフ同士で「新種発見」と情報を交換しあい、今後の電話対応に挑む次第です。

この出来事で、またインフルエンザがぶり返さないように早めに休みます。










posted by 玉三郎 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

滞納者の部屋処理


昨夜お話しました先月の強制退去や夜逃げですが、今日は最後の1件の処理を終了しました。

その部屋の借主は40代後半のおばさんで、内縁の夫らしい人と5年程前から住んでいました。

以前は滞納など殆どなかった方なのですが・・・

今年の春ぐらいから少しづつ支払が遅れだし、2ヶ月分遅れては1ヶ月半分を支払ったりと言う状況に。

督促の訪問に行って支払日や支払方法の約束をしたりしていたのですが。

ほとんどの方の家賃滞納者へなって行くパターンや訪問時の言い訳は同じですよ!

(こりゃー多分ダメだな・・・遅かれ早かれいつものパターンだ!)

そう思いましたねたらーっ(汗)


そして2ヶ月分をまるまる滞納exclamation

すかさず訪問。

ドアをノックして出てきたのはおっちゃんの方。

訪問したのは昼過ぎの3時ぐらいだったと思います。

「どうなってますの!お約束の日に全く一銭のお金も入ってませんやん!」

こちらも責任ある仕事ですし、約束を破られた事もありますので口調も厳しくなります。

「すんません、今度の○日までには全額払いますので、間違いないです!キッチリ払いますから・・・」

と話す息が酒臭いダッシュ(走り出すさま)

仕事もしていなく、昼から酒呑んでて払えるわけもないのですが、最後の約束をする事に!

「解りました。○日に入金なければ部屋の入室出来なくなりますから、○日に振込したのではダメですからね!こちらが○日に確認するのですから!」

と最後の約束。(絶対無理だと思ってますがね)

やはり入金はなく、部屋の閉鎖と最終通告の手紙を貼って終わり!

本当に閉鎖されると思っていなかったのか、荷物はそのままでした。

kisisato2.jpg

その後連絡がないため、部屋の荷物を業者さんに依頼して倉庫へ移動したわけです。

さあ!これで改装して、入居者募集ができるのですよ。

しかし、今更ながら思うのですが、このような人達はどこへ行くのでしょうね?

今後も同じような生活を繰り返して生きていくのでしょうね?









posted by 玉三郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

先月の夜逃げと強制退去


今日は小さなトラブルはあったものの、静かな一日でした。

何故か土曜・日曜・祝日は静かな日が多いもんです。

おかげで先月からの事務処理がはかどりました。


日々はクレーム対応や家賃督促・修理や補修の手配等に追われる毎日です。

管理している件数も多いもので、社員だけでは追いつかない部分があるのも現実です。

それを解消するために、家賃の保証会社数社に一部の入居者達の保証業務を委託しています。

これはあくまで家賃に関する事だけですので、クレームやトラブルは私達の出番になります。

しかし、督促業務だけでも大変助かります。
しかも、夜逃げなどでも家賃は保証してくれるわけですから!

その保証会社が対応して頂いているうち、先月中の夜逃げと強制解約の件数は19件!

私達が対応したのは5件!

合計24件が不良入居者として、このようになったわけです。

普通て言ってよいのか、どうか解りませんが・・・

督促と言えば電話で入金の確認を本人にするとか、督促状みたいなモノを郵送するとかでしょうね。

2ヶ月以上の滞納者へは「内容証明郵便」などを郵送しているところも多いと聞きます。

ただ、私達が対応している滞納者はそんなもの全く効果ありませんexclamation

悪質でない方は電話で支払方法の相談や約束でいけますが。

そうでない人はとにかく会って、キッチリとした話と約束をしないとズルズルと滞納額が貯まるだけですexclamation×2

その様な人は手馴れているので、シッカリと詰めて話さないとこっちが呑みこまれる事になるでしょう。

確かに対応する側も面倒ですし、嫌な事です。

しかし!これがチャンと出来ないと、たまに目にする枯れ果てた、滞納者だらけのマンションになるわけです!








posted by 玉三郎 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

ポイ捨て・投げ捨て


この仕事をしていてよく思う事なのですが・・・

モラルの低い方が多いように思えてなりません。

実はそうではなく、この玉三郎が接する人達がその様な人が多いだけかもしれませんがたらーっ(汗)

テレビのコマーシャルでも、「タバコのポイ捨てはやめましょう!」てやつをやってますよね。

しかし、そんな程度でないのが更にモラルのない入居者達です。


今朝、ある管理しているマンションのお隣の方からのクレームがありました。

「実は昨夜なんですが、5階の廊下からチラシかビラをばら撒いている人がいまして」

「なんですと?それはどのようなモノですか?」

話を伺うと、よく自宅のポストに投函されている様な小さなサイズの美容院のチラシがバサバサーと数十枚か数百枚をばら撒いたそうです。

な・な・なんと非常識な!!

しかも、そんな事をして何のメリットがあるのでしょうか?

全く理解できませんよ!
理解できない事をするから非常識なのか?

全くわけがわかりませんし、そのマンションの入居者とも判断できません。

もし、チラシ配りのアルバイト君ならば、そんな事すればすぐにバレてしまいますしね。

上の階からの投げ捨ては色々あります。

各々別のマンションですが、コンビニ弁当のパックなどを窓から投げ捨てていて、気が付けば普段見えない裏側のスペースがゴミの山!

また別の所では火のついたままのタバコをベランダから捨てており、お隣の庭がタバコの吸殻だらけに!

他にも使ったティッシュペーパーを窓から・・・
コンビニの袋に入れたゴミを窓から・・・

隣接する方々が怒るのは当たり前です。
タバコなどは火事原因となるんですよ!!

ここら辺りではないか・・・と思われる部屋を訪問しても、平気で「知らない」や「上じゃないのか」などを言いきりますから。

自分がどの様な事をしているのか、全く解っていない様子ですから!

情けないと言うか、なんと言うか!

そしてこっちは近隣さんに責められるし(仕方ないのですが・・・)

これは決してではありませんが、モラルのない人は入居時の礼金等が0円や2〜3万円という小額で入居している人の中に多いようです。

もちろん!小額礼金等で入居された方でも、モラルを守り・社会生活を過ごしている方もいらっしゃいます。

これはマンションオーナーや管理会社の悩むところですが、敷金や礼金等をそれなりの金額に設定し、それなりの入居者を募集するのか?

または早期に空部屋をなくすために、金額設定を低くするか?

それぞれメリットもデメッリトもありますが、オーナーの考えにあった募集方法を管理会社と契約しているならば相談して決める事になりますね。







posted by 玉三郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

何度経験しても嫌なものは嫌


忙しい月末でも色々起きるものです。

あるマンションの管理人さんからの連絡が・・・

「6階の住人さんから○○号室が臭いて言われてね。一度確認して下さいよ」

(なにー!臭いて!それはマズいなぁ!)ピン!と感が働きます。

確かにゴミ溜めの部屋やペットの糞だらけの部屋なども見てきましたが、それぐらいではなかなか外にまでは臭いは出ませんからね。

このマンションはある意味有名で、エントランスを入れば別世界。

映画でしか見れないような外国のダウンタウンそのもの。

共用廊下の無造作に干された洗濯モノに引っ掛らないように歩かないといけまさんし、色々な国の言葉が話されています。

知らない人でも何かを感じ、マンション内に入るのはやめるはずです。

私達が管理してから僅かながら良くなって来ているのですが・・・

「へぇー!あのマンション管理されてるんですか。凄いですねー!」と変な意味で尊敬されます。

このマンションにまつわる話は山のようにありますので、また機会があればお話しますよ。


6階にあがると確かにあの臭いがexclamation

そう!人の死臭ですたらーっ(汗)

この臭いは強烈です!近所から文句がでるのも当たり前の臭いですから。

「ガチャリ」鍵をあけると・・・

ムオオーンと鼻から頭に突き抜ける臭いが襲ってきました。

何度経験しても決して慣れる事の出来ない臭いです。

この仕事で初めてこの臭いを経験した人は、暫くはその臭いが鼻から取れないのです。

もちろん初めての人間は室内に入る事は出来ないでしょう。

テレビなどで遺体を発見し、駈け寄るシーンがありますが・・・あんなの絶対無理です!!

涼しくなったこの季節ですから、まだマシな方ですから。

夏場なら傷みがひどく、ハエやウジもわいていますからねあせあせ(飛び散る汗)

ドア越しに足が見えましたが、もう黒くなっており、浮腫んだ感じでした。

誰も見たくはありませんので、即警察に通報。

あとは警察にお任せして、現場検証及び司法解剖等で死因を究明してもらいます。

事件性がなければ大改装!

この臭いは壁紙・床・クロス・建具に染み付きますので、全て剥がしての工事。
遺体がひどく腐乱している時はこの改装をしても臭いが取れずに、数ヶ月間入居者募集が出来ないこともありました。

しかも、重要事項説明で室内で人が亡くなった事を伝えますから、なかなか決まりません。
もちろん以前と同じ家賃で募集も出来ないので家賃ダウン。

このような形で亡くなる方の大半が一人暮らしで、身内がいなく、親しい知人も近くにいなく、福祉受給者の中年以上の人です。

特にその中でも、する事がないのでしょうか? もともとお酒が好きなのか、現実逃避からなのか。

昼から毎日酒を飲み、夕方にはフラフラになってる人。
そりゃー体悪くもなりますわな。

もっとタチが悪くなると、酔っ払って昼から近所に迷惑かける奴ねどんっ(衝撃)
クレームが来て、部屋へ行っても酔っているから話にならないし、また大暴れする事もたびたび経験しますたらーっ(汗)

私もビール大好きなので、体の事を考えていかなければと思うのですが。



posted by 玉三郎 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

結構身近にいる放火魔



夕方にあるマンションでのボヤ騒ぎが発生exclamation

今回は室内からではなく、エントランス横にあるゴミ入れの大きなプラスチック製ボックスからの出火!

隣接マンションの住人の方々の協力もあり、備え付けの消火器数本を使用し無事鎮火。

被害は現在ゴミボックス2台が焼けただけで大事には至りませんでしたが、この空気の乾燥した季節には非常に危険な出来事です。

今はまだ出火の原因も特定できていませんが、火の気がない所からの出火であることは事実です。

banner2.gif
人気ブログランキングへのクリックお願いします

別のマンションでの事ですが、今年の夏にも同じ様なボヤがありました。
もちろん、消防署・警察にも届けを出して巡回の強化にも協力して頂きました。
また、犯人特定のための捜査もしてくれていたようです。

そして約1ヶ月後、またもや同じマンションの同じゴミボックスが全て焼きただれる程の火が上り、ゴミボックス横の電柱も高さ3mぐらいの所までこげる不審火が・・・!!

(これは間違いなく放火だし、同じ奴に違いない!)
警察も同じ思いで捜査していたのでしょう。

数日後、犯人は逮捕されました!
但し、犯人はそのマンションの入居者だったんです!

無職のおじさんで、少し精神的に病んでいて生活保護で暮らしている人でした。
しかし、自分の住んでいるマンションに?
理由やその時の精神状態はわかりませんが、
色々な意味での危険な存在は結構身近にいるて事ですよ。
仕事がら私のまわりにはいつも色んな意味での、要注意人物と接する事が多いので、少し慣れで鈍感になる時もあります。

ちなみにその逮捕後に警察から連絡があり、家主さんに告訴して欲しいとお願いがありました。
聞けば、今のままでは放火ではなく「器物損壊」だけの立証しかできないかもわからないと。
そうすれば短期間で刑を終えてしますそうで。
常習犯らしく、警察側も重い罪で裁きたいので協力を・・・との事でした。

矛盾が多いこの世の中ですが、これもまた一つですなむかっ(怒り)
この犯人の例だと、法の裁きも首をかしげる事ですが・・・
その犯人の普段の生活費は我々の税金から支払われ!
そして納税している一般社会人に迷惑をかける!!

政府は「最低賃金アップ」を検討してますが!
そうでもしないと真面目に働いて、税金を納め、モラルを守って生きている人達にとっては、「なんだ!遊んで暮らしてる方がいいの?」て思えますよねちっ(怒った顔)





posted by 玉三郎 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

前入居者の保管荷物返還






今日は数日前から弁護士を通じて依頼があった、以前の入居者の保管荷物の返還日でした。

前の入居者は引き取りに来たくとも来れない状況下なので、代理人と待ち合わせです。

今回は前入居者の弁護士を通じてですので、書面のやり取りと署名・捺印でけで事は終わりましたので楽でした。わーい(嬉しい顔)

今回のこの件での経緯は、前入居者は家賃滞納の常習者で一般社会人とは違う世界の人でした。

よく滞納の督促で訪問したり、留守ならば警告文を貼ったり、電話したりして家賃回収をしていたのですが・・・

今回は連絡もつかず、ドアに貼った警告文も数日後に再訪問した時には残ったままだったりで!
それでとうとう3ヶ月目の滞納に。
(これはマズいなぁ!飛んで行ってしまったかな?)等の思いが確実だと思えて来ました。

そして・・・「ピーンポーン・ピンポン・ピンポン」とインターホンの連打。
そしてすかさず「ドン・ドン・ドン」とご近所さんに少し迷惑なぐらいの大きな音でドアをノック。
最後はドアのポストから「○○さん!いらっしゃいませんか?いらしゃるなら開けてもらえませんか!では、ドア開けますよ!開けますね」
合鍵で「ガチャリ」と開錠。

ここらからいつもながらドキドキする瞬間揺れるハート
(中で亡くなってるのでは?しかし臭いはないから大丈夫だな。イヤイヤ!追い詰められて入った瞬間に襲ってくるかも。)
そんな思いはこの瞬間はいつも頭に浮かびます。だから自然と身構えてますね。

室内は家具など残ったままで留守。室内の写真を丹念に撮影。
そして、部屋の使用を禁止するためにドアをロック!!
貼り紙のして、その日は退散。これならば連絡しないと部屋には入れないので、連絡を待ちます。

しかし・・・3日たっても連絡なし。
再度部屋を確認するが、帰って来た形跡もなし。
仕方ないので後日、強制解約で荷物を保管後に処理しようか、と思っていると・・・

「××警察○課の□と申します、入居者の事でお聞きしたいのですが」
「あぁ、ではまず照会書出してもらえますか」と返答。

その後警察と話を進めると、あのロックした部屋の人間の事でした。
「では、その後本人から連絡ありましたら教えて下さい」
「わかりました。ただ、捕まれば短期間で出てこれる罪ではないんですか?こちらも部屋の処理の事がありますので。また、捕まったら連絡下さいよ」

こんな経緯で前入居者は逮捕され、荷物は倉庫に保管していました。
pho(toyonakasouko2).jpg

まぁ、銃刀法違反で逮捕されたため本人は来れないわけです。

しかし!変な話ですよね。
家賃は残したままなのに、荷物は引き渡すなんてね。
仕方ありません。そんな世の中なんですからね!
posted by 玉三郎 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

福祉課からの相談電話



月末になってくると退去の立会い件数やそれに伴う相談やクレームも増えてきます。
今日は事件のない一日でしたが、急な退去の電話が入ってきますた。

「私、○○マンション××号室の△さんのヘルパーです」

(な・な・なに! ヘルパーさん! △さんに何かあったのかな? 「ノックしても反応がないんですよ」なんて言葉が続くのかな?)と不安になったのですが・・・

「実は急遽、退去致したいとの事でして」

(よかった!△さんは元気なんだ!)と胸をなでおろしながら・・・

「どうかされたのですか?」

「実はお隣の方と揉めたらしく、殴られて、包丁で脅かされたらしんのです。△さんは病院から退院したばかりで、体力的にも精神的にも耐えられないと・・・」

「何か原因ですか?」

「いえ、△さんも全く解らないと・・・」

お話を聞くと、退去は最低1ヶ月前には通知しないといけないのですが、福祉受給者のため決められた金額しか役所から支給されません。
その為、今の家賃と次の引越し先の家賃がダブると払えないので、免除して欲しいとの相談でした。

福祉受給者の多くを、管理しているマンションの殆どで受け入れていますので、これは承知の上ですので承諾しました。

この様な方々の受け入れは空室の目立つマンションの入居率アップには効果的ですし、入居者にも喜ばれます。

但し、色々な方がいらしゃるのでトラブルも多発するのは覚悟しなければなりません。

病などで働けない方などがそうですが、精神的または社会に馴染めない方も病の一種なのですから・・・

ちなみに暴力を振るい、包丁をチラつかせたのも福祉受給者の方でした。

追伸  日商簿記試験は落ちました・・・たらーっ(汗)

posted by 玉三郎 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。