2008年02月09日

法律の壁




今朝、あるマンションに入居している若い女性からと、警察から電話がありました。

まずは女性からの電話の内容ですが、昨夜遅くにベランダから泥棒が入り込んだとの事あせあせ(飛び散る汗)

たまにですが、この様に泥棒被害にあわれる方もたまにいらっしゃいます。

大抵は留守中に入られる「空き巣」が殆どです。

が・・・今回は在宅中での出来事です!

マンション投資の方法

その後すぐに警察からの連絡があり、犯人は今朝すぐに捕まったそうです。

彼女の部屋はガラスが割られていますので、早急に修理しないと住めません。

ましてや女の子ですから怖かったでしょう!

すぐに私達は現地に急ぎました。

そして、まともに眠っていない彼女の部屋へ入ると・・・

「なんじゃ?これは!!」

ベットはひっくり返され、冷蔵庫は部屋の真ん中まで引きずり出され・・・

もう!部屋は悲惨な状態ですふらふら

彼女がお風呂に入っている時だったそうです。

ガタガタ!バキッツ!ドスン!

すごい音がしたそうです。

とても怖く、風呂から出れなくなってそうです。

そして隙を見て、下の階の方へ助けを求めたそうです。

幸い彼女には怪我はなかったものの、凄い恐怖を体験してしまったでしょうたらーっ(汗)

もちろん早急の部屋の退去希望の話も聞きました。

そんな思いをしたら、当然の事です。

彼女は被害者なのですから、我々も協力できる事はしたいと思っています。


まず、警察に被害届を出すのに必要な、ガラスの修理見積書を作らなければなりません。

そして、詳しい事情を聞きに警察署へ!

警察からも照会書による、情報提供を求められていました。

捕まった犯人は隣接住居の男でした。

9階にある二人の部屋のベランダ越しに侵入したとの事。

一つ間違えば、転落死ですよがく〜(落胆した顔)

もう!その時点で正常な感覚ではありませんよね。

警察の取調べでは、尿検査による薬物反応はなし!

窃盗・強姦目的でもないとの事!

警察も我々も、全く犯人の目的がわかりません。

ただ、犯人曰く、何者かに追われて隣室に逃げたと・・・

そしてベットや冷蔵庫で、バリケードを作ろうとしたらしいふらふら

薬物反応なければ、普通にイッてる奴ですやん!

そして、このままだと24時間後の釈放になるとの事でした!

「えっ!何でやねん!こんな事しでかしたんやで!!」

愕然とする警察からの説明でしたあせあせ(飛び散る汗)

部屋を荒らしているではないか?と言う問いに警察は・・・

「住居侵入」という枠内でこの「器物破損」も含まれてしまうとの事。

「そしたら、こいつまた部屋に明後日戻ってくるんやんか!」

被害者は怖くて住めないでしょう!

早く彼女を何処かへ移してあげないと。

さんざん警察に抗議しましたが、返答は・・・

「法律にも限界があるんですよ・・・」

腹立たしい回答ですが、どうしようも出来ません。

彼女が怪我をさせられたりしたら、別件で逮捕できると・・・

「それじゃー遅いやないか!」

余りにも世の中には、納得いなかいシステムが多い気がします。

犯罪も生活保護に関しても、おかしな事ばかりです。



posted by 玉三郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。