2008年01月25日

手あつい保護!




本日、生活保護を受けている30代の女性の退去がありました。

この女性は昨年の夏に、生活保護で借りたワンルームマンションから、今の2DKマンションに引越をしてきたばかりです。

今のマンションはエレベーターなしの3階部分に住んでいます。

そこからエレベーター付きのマンションへの引越です。

もちろん!前回も今回の引越も「生活保護費での引越」です。

小額マンション投資のすすめ

新たに部屋を借りるとなれば、敷金や礼金、さらに仲介手数料などがかかります。

その金額は部屋によって違いますが、結構まとまった金額になりますよね!

もちろん、福祉手当ですから上限は決まっていますが、○十万単位になりますexclamation

誰でも、引越を考える時に一番頭を悩ますのが、それらの「お金」の事です。

それらが「福祉手当」で出るんですよ!


前回の引越理由は「子供が生まれるから」・・・でした!

この女性が福祉を受けている理由は、少し精神的な病があると判断されたからです。

昨年の夏に退去の立会いに行った時は、妊娠7ヶ月でしたがく〜(落胆した顔)

もちろん結婚などはしていませんあせあせ(飛び散る汗)

(そんな精神的な病があるのに、出産なんかして大丈夫かいな?)

そんな思いで不安でしたたらーっ(汗)

そりゃー子供が出来たらワンルームでは生活しにくいでしょう。

住んでいる方も単身者ですから、赤ちゃんの泣き声も問題になるでしょうし。

その時の引越は当然だろうと思いました。

ですから、役所も手当てを出す事に自分なりに納得出来ました。


しかし!今回の引越理由を本人から聞いてみたら・・・

「役所がね、赤ちゃん居るのに階段での3階は危ないからーエレベーターある所にしい・・・て言われてん」

との回答がく〜(落胆した顔)

解りますよ! 解ってるんですよexclamation

赤ちゃん抱いて、階段で3階まで上がるのが辛い事はどんっ(衝撃)

でも!実際に普通に働いている方の奥さんで、エレベーターのないマンションに住んでいる方はたくさんいます。

エレベーターのあるマンションが楽な事が解っていても、家賃の関係や敷金・礼金の事などがあり、簡単には引越できません!

それが現実ですよね。

そんな事を考えると、この「福祉手当」はやりすぎではないのかexclamation&question

そんな思いがします!

これでは、真面目に働いている方がバカバカしく思えてくるのでは・・・?

そうなれば、日本人の労働意欲が下がってしまって、ダラシナイ国になるのではふらふら

考え過ぎかもしれませんが、この仕事をしていて、よくそんな風に思いますよちっ(怒った顔)

もう一度、この「手当て」に関しては、国は考え直すべきだと思います。

元気なのに「福祉手当」を受けている人も結構います!

この目で何人も見ています!

仕事を通じて、人間不信になるんじゃないか?と感じる時もありますよあせあせ(飛び散る汗)

posted by 玉三郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。