2008年01月17日

気にしない人達




世の中、色々な方がいるのは当然ですが!

これは私が担当していない、物件での話しです。

昨年末から続く、室内での死亡ですが、今回は自殺でしたあせあせ(飛び散る汗)

解約や部屋の処理は、もう終わりの段階まできています。

もちろん!同じフロアーの方は「なにがあったか!」知っています。

パトカーやら救急車やら来ますしね。

小額マンション投資のすすめ

私達が話さなくとも、近所の方は「何があったか!」はご存知です。

「自殺」や「他殺」があれば、重要事項説明書に明記しなければなりません。

次の入居者の方へ、その部屋で何があったかを伝える義務です!

そして、本人承諾のもと入居して頂くのですから。

こんな事件があれば、我々もオーナーさんもガッカリしますよ。

何故なら、そんな部屋は好き好んで借りたい人はいないでしょうし。

借りて頂くため、家賃も下げなければなりませんたらーっ(汗)

当然と言えば当然ですが・・・

やはり家主側から言わせて頂くと、辛いものです。

しかし!!!

嬉しそうに同じマンションの入居者から電話があったそうです。

「なぁ、なぁ!○○号室の奴、自殺したんやろ?ワシに貸してくれや!」

率先して、その部屋を借りたという内容だったとの事。

「もちろん家賃は安なるわな?俺ら移動するわ。」

安い家賃が魅力のようです。

「ワシのツレ夫婦が借りてもええで。とにかく貸してや!」

我々としては、喜んでいいのか?どうなのか?

問題のない方なので、現在は検討中です。

でも、安ければいいとは言え・・・いいの?

全くこの様な事を気にしない方もいらしゃるのですね。

俺は嫌ですexclamation



posted by 玉三郎 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。