2008年01月12日

昨夜の緊急連絡




昨日は前日お話した、ペットの件以外にもドキドキする連絡がありました。

それは役所の福祉課担当者からの電話でした。

その電話が鳴ったのは、夕方の5時前ぐらいでした。

役所の人間は定時キッカリに仕事を終えるので、終了時刻前の業務は嫌います。

しかし!福祉課の方ですから、内容によればそうもいきませんよね。

小額マンション投資のすすめ

「△マンション○○号室の方なのですが、12月20日過ぎの支給日以来連絡が取れないのですよどんっ(衝撃)

と言う福祉課の担当者!

よくこの様な連絡は受けるのですが、やはりハラハラ・ドキドキしますあせあせ(飛び散る汗)

そして話は続いて・・・

「今、部屋の前からその方へ電話したら、室内で携帯の呼び出し音が鳴っているんですexclamation

(な・な・なんやて〜!そりゃー確実に逝ってしまってるんちゃうのふらふら

そう確信しました・・・

でも、今までもあったのですが、話の内容では確実だ!と思える話でも現地に行けば・・・

部屋はスッカラカンで居なくなっている! とか 寝ていた! とかありましたからね。

悲痛な福祉課の人の声を聞き、現地へ急行。

エレベーターで目的のフロアーへ!

(うん?臭いはしてこないな?しかし、冬で亡くなって間もないならありうるな!)

そう思いながら、担当者のもとへ。


「では、開錠致しますね?」

「はい!お願いします!」と担当者。

開錠する前にノックと名前の呼びかけをするが、やはり返答なし!

「ガチャッ」

鍵を開錠!

恐る恐る、ドアを開けていきます。

この瞬間は何度経験しても慣れる事はありませんダッシュ(走り出すさま)

「すみません!入りますよ!」

声を掛けながら室内へ!

ドキドキ・ハラハラの最高潮の時ですどんっ(衝撃)

一歩一歩中へ!


(ラッキィー!!)

思わず心で叫びました。

そうです。

部屋は空でした。

入居者はどこへ行ったのかは解りませんが、またヒョッコリと帰って来るでしょう。



posted by 玉三郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。