2008年01月11日

とうとう逝ってしまいました




昨年に「悲惨なペットたち」というタイトルで話をしました。

その続きを話す事になってしまいました。

滞納常習者がドアも開けっ放しで、犬が残されていると言う内容でした。

その後、母に連絡がつき、多分大丈夫だろう・・・と思っていたのですが!

大丈夫ではなっかたのですあせあせ(飛び散る汗)

小額マンション投資のすすめ

当時、保証人の母と連絡が取れ、遅れながらも家賃を振り込んでいました。

そして、犬がいる話もしていたので、餌を与えているだろうと思っていたのですが・・・

先日、同じ階の入居者から連絡がありました。

「○○号室から変な匂いがしてくるので、訪問したら玄関の鍵が開いていたので中を覗いたら、凄く汚いんですよ!」

との内容で、何とかして欲しいとの事でした。

しかし、私達が勝手に掃除できるわけもなく、またまた母へ連絡!

掃除するように伝えますと母からの回答でした。

「部屋には帰って来ていないようですよ。解約された方がいいんじゃないですか?」

と、解約を促すが、本人は帰っているはずです・・・と解約には応じず。

数日後、再度「臭い!」とクレームの連絡がありました。

様子を見に現地へ。

もちろん鍵は開いたままでしたので室内へ!

「クサい!!汚いなぁ〜!!」

これが最初に出た言葉ですふらふら

部屋はゴミだらけで、ベランダのドアも半分開いたまま。

こんな時期なのに数匹のハエが飛んでいました。

(どないなってんねん!こんな所で寝るなんて無理やで!)

そして犬のゲージの横に毛だらけの50センチ程の塊が・・・ダッシュ(走り出すさま)

(これって・・・犬ちゃうの?)がく〜(落胆した顔)


帰社後すぐに母親へ電話。

すぐに部屋を片付けるように、出来ないならばこちらが片付けてお金を請求する旨を告げました。

悲惨なペットは飼い主に殺されたも当然ですちっ(怒った顔)

家賃も払えない、いい加減な人間がちゃんとペットを飼えるとは思えませんexclamation

自分の事を知った上で、ペットを飼えるのかどうか真剣に考えて欲しいものです。

ペットに罪はありません!



posted by 玉三郎 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。