2008年01月08日

月の満ち欠け?




不思議なものです。

昨年末に、部屋で亡くなられた方の話をしました。

不謹慎かもしれませんが、人が亡くなる時とは重なるものです。

これは、この仕事をしていて、多くの方の死を見てきて確信できるよになりました。

一人亡くなれば、何故か他の方も同じ時期に亡くなっているのです。

小額マンション投資のすすめ

昨年末に一人、亡くなられた時に冗談半分。

しかし、自分達覚悟を決めるために半分。

そんな気持ちで話ていたのです!

「この時期に亡くなったんや。人の死は重なるから、年明けはそんな連絡や現場を目撃するかも知れんから、覚悟決めときや!」

案の定、今日までに合計4名の方が亡くなられました。

そのうちで、病院で息を引きとられたのは僅か1名あせあせ(飛び散る汗)

他の3名は室内でしたたらーっ(汗)

殆どの方は身寄りがないため、当社で死亡届けの印鑑を押します。

原因はなにより、やはり引きとる方もなく亡くなるのは寂しいものです。

ですが、中には「当然いないだろうな!」と思う人もいます。

好き勝手をし、まわりに迷惑を常にかけている人です。

本当は親族がいても、連絡もつかないようになっているのでしょう。

また、連絡がついても、引きとりを断る親族もいますからね。

人間、やけをおこしたり、全てが嫌になったりする事もあります。

しかしexclamation やはり人としてモラルや人情を感じて生きていきたいものです。

区分所有マンション投資



posted by 玉三郎 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。