2008年01月05日

昨年からの問題解決へ向けて!




本日は昨年からの出来事での、連絡や現地確認でした。

一つは昨年末にお話しした、水漏れで天井ボードが腐食し、落ちて来た件での水道業者検査です。

もう一つは、これも昨年にお話しした「哀れなペット達」の続きになります。

勿論、これ以外にも色々な事はあったのですが、書ききれません。

まずは、「天井ボード落下事件」からです。

小額マンション投資のすすめ

水漏れで天井ボードが落ちた1階事務所と、その上の階の住居の方と立会のもとでの点検でした。

当たり前ですが、水は上から下に落ちるもの!

ですから、上の階の部屋からでなければ、原因調査は出来ません。

このアポイントを取るのも面倒な仕事の一つです。

原因によっては、上の階の水周りの工事や床をめくる作業などが発生します。

その際は入居者さんにご不便をかける事になります。

中には、それを逆手に取ってかなりの額の金銭を要求する人もいますちっ(怒った顔)

そんな人達と交渉していくのが我々ですからあせあせ(飛び散る汗)


ベランダか風呂場の防水が悪いのでは・・・との事でしたので、水を流したり、撒いたりしての点検。

しかし、全く1階の天井部分に水滴一粒も落ちてこない!

(あれれ?なんで?)

これは私も業者さんも思った心の言葉でした。

特にクラックのあるところも、念入りにチェックするが何も起きず。

あれこれ行い、2時間以上。

さすがに水道業者も「この状態では全く原因は解りませんね」と・・・

仕方ありません。

簡易的に天井を塞ぎ、この状態で様子を見てもらう事になりました。

本当に水とはどの道を通って来るか、想像を超える事がしばしばあります。

それだけ厄介な問題ですたらーっ(汗)

聞いた話ですが、東京ドームも一箇所だけ僅かな水漏れが完成当初よりあるそうです。

しかし、あんな有名なゼネコンでも原因究明が出来なかったとか。

聞いた話ですので、事実かどうかはわかりませんが。


そして事務所に戻ると、あるマンションの入居者より電話が。

「○○号室が臭いんですよ!訪問したらドアに鍵はかかってなく留守でしたし。中が汚くて虫でもわきそうです。何とかならないですか?」と・・・

話を続けていると犬も室内にいたとの事です。

(あ!これはあの部屋では!)

聞いた号室で確認すると・・・

昨年お話しした、弱った犬が鳴いていて、玄関が数日前から少し開いていると連絡のあった部屋でしたexclamation

前回は保証人の母親に連絡をして、滞納している家賃の振込期限と犬の件を伝えたのですが!

犬の世話はしているので生きているのでしょう。

しかし、部屋はほったらかしで、犬の糞や尿があるのかもしれませんふらふら

本日は母親にも連絡がつかず、引き続き連絡をしなければいけません!

今までもゴミ・ペットの糞まみれの部屋は見てきていますが、あれは酷いです。

そうなる前に処理しなければ!

区分所有マンション投資



posted by 玉三郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。