2007年12月24日

部屋の中はスッカラカン




今日はクリスマス・イヴですねぴかぴか(新しい)

祭日という事もあり、街中は人でいっぱいでした。

家族連れに恋人同士。

何かと慌しい年末です。

楽しい事・イベント事で賑やかなのはいいのですが、別の意味でも忙しい方達もいるでしょう。

仕事の締め切りや支払期限の到達などなどあせあせ(飛び散る汗)

入居者の中にも慌しい人たちはいます。

小額マンション投資のすすめ

私達も年内の家賃回収のために、本日も督促業務を行ってました。

その中の一人は現在2ヶ月分の家賃滞納者。

来月になると3ヶ月目になるので、こちらも気合が入ります。

この入居者は2年前からの入居で、滞納の常習者です。

年齢は40歳の女性一人の福祉受給者。

といえども、どう見ても働けない人には見えませんでした。

中にはいるのでしょうね、働けるのに生活保護を受ける人間が!

度々訪問していますが、部屋から出て来るのがその女性や見るからにややこしそうな男達が入れ替わりでたらーっ(汗)

それでも何とか今まで家賃を回収していたのですが、どうも今回はなかなか入金がない!!

(まずいなぁ〜!飛んでるかも?)

そんな思いでドアをノック。

全く反応なし。

しかし、居留守を使うのはどこの滞納者も同じです。

電気メーターで確認すると・・・

「あれ?動いてないやん!」

ドアポストから「○○さん!留守ですか?管理会社です。開けますよ!」

と声をかけ、ドアノブを回すと「ガチャ」

「あら?鍵かかってないやん?」

そして中へ入ると「ガラ〜ン!」

何にもない!完全に飛んでしまいました。

でも、荷物を置いて出て行かれるよりはマシです。

荷物があればその撤去費用や保管場所が必要になりますから。

取り巻きもややこしそうな奴らでしたので、荷物がなくてラッキーと思うほうがいいでしょう!

すぐに鍵シリンダーを交換し、部屋をロック状態に!

そして部屋使用を禁じた貼紙を貼り、年内に連絡なければ解約処理です。

まぁ、見るからに完全に飛んでますから、連絡はないでしょうけどね。

住む所を失えば、お金の受給は受けられなくなるのですが・・・

この様な人はまた、何かと理由を付けて福祉申請をするのでしょうね。

本当に何らかの理由で働けない人なんて、受給者の内の半分ぐらいなのじゃないかな?なんて思ってしまいそうになります。

小額マンション投資のすすめ





posted by 玉三郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。