2007年12月23日

突然現れた裸の鼻水おやじ!




「もう!お前らは!!」

と叫びたくなる事が多いのも、この仕事です。

その、叫びたくなる事が今日も起きました。

あるマンションの2階の方からの連絡で、天井の隅から水が落ちてくるとの内容です。

(昨夜からの雨で外壁からの雨漏りかな?)と思いましたが、念のため上の階の方へ連絡する事に。

リストを確認すると・・・連絡先も携帯電話もなしあせあせ(飛び散る汗)

小額マンション投資のすすめ

その方は福祉受給者で、携帯も持っていない人でした。

念のため、上の部屋とその左右両隣の鍵を用意し、現地へと直行。


まずは被害者の部屋へ。

その人は40代後半の男性で、のんびりした方でした。

「ここからやねん。前も一回あったわ。かなわんなぁ〜」て調子。

被害は確かにひどくはなかったのですが、壁の隅から水が垂れ流れてきていました。

すぐに上の部屋へ!!

「ピンポ〜ン」

インターホンを押すとすぐに返事が。

「管理会社です。下に水漏れなので確認お願いします。」

「はい」と即答。

ドアを開けると、なんなんだ!こいつはexclamation&question

この冬にパンツ1枚!しかも寒いのでしょう!鼻水を垂らしながら室内で突っ立ていますがく〜(落胆した顔)

部屋からは「ジャァー」と水が流れる音が響いています。

理由は分かりませんが、とっさに(まずい!!)と思い室内へ!

部屋に一歩、靴のままあがると・・・

「ピチャ」と水たまりに足を入れたような音が!

そう!もう、部屋中水びたしたらーっ(汗)

そのままユニットバスに入ると、全ての蛇口は全開で水は出たまま。

しかも排水口には服やタオルで塞いでいるではありませんかexclamation×2

さすがの私も頭にきます!

しかも裸で現れた姿、この60歳過ぎのとぼけたおやじにちっ(怒った顔)

「おっさん!なにしてんねん!アホか!!」怒鳴ってしまいました。

するとおやじは「電化が!電気が!俺の服を剥ぎ取って、そこにいくんや!電気が悪い!」

(あかん、こんなおやじと話しても仕方ない)と思い、水を止めて表に出て会社へ連絡。

そして部屋は戻ると、また水を出している裸おやじ!

しかも壁掛けのエアコンを外そうとしているんですよ。

「ボケ!さわんな!」

「ちゃうねん!ここから電気がくるねん」

もう、手が付けられません!

水が出せないように、部屋の外の止水栓を止めて、おやじを制止。

このおやじも福祉受給者によく見られる、イッテる奴でしたあせあせ(飛び散る汗)

こちらの判断で救急車を呼び、そのまま精神病院へ。

本当に疲れる一日でしたダッシュ(走り出すさま)

しかし、この人もいつまでも病院に入っていられるはずはありません。

いつか出てくる事でしょう。

そうなると、また福祉費用の生活費を貰い、一般人と共に生活することになるんです。

これも我々の税金です!

なんだか、日本に明るい未来が見えないのは、こんな仕事している私だからでしょうか?




posted by 玉三郎 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。