2007年12月11日

勝手に部屋の大改装


今日はかなり以前から弁護士先生を通じて、部屋の明け渡しの話を進めてきた部屋の明け渡し日でした。

ここは我々が管理しているマンションの中でも、以前お話した一番ディープな建物です。

契約者は個人名ですが、利用しているのは「反社会的勢力」と呼ばれる団体です。



この建物は部屋数も多い大型のマンションで、タイプはワンルームです。

今回、明渡し予定は横並びに並ぶ3室分でした。

前日はスタッフ同士で「そう簡単には明け渡さないやろうな〜!また時期が延びるだろうな」などと話していたんです。

今日のこの日まで約半年以上はかかっているはずです。

そして現地へ!!


エレベーターで目的のフロアに上がり、何が出て来るかわかりませんので、恐る恐る足を運びましたたらーっ(汗)

「ガチャリ」

部屋のドアを開けると・・・何もない空室!

思わず「やったー!」と心の中で叫びましたわーい(嬉しい顔)

そして部屋を見回すと・・・「へえ?なに??」

あのワンルームの部屋が、やたらと広いでわないですか!

そりゃー広いはずです。

隣との壁をぶち抜いて3室がつながっているではないですかexclamation×2

そうです、あの3室が1室になっているのですよ。

ここは「賭博場」として利用されていたとの事です。

と言う事は結構お客が入っていたから、この広さだったんでしょうね?

本当に何でもありですわ、このマンションはたらーっ(汗)

こんな努力で少しづつ良くなっていくのでしょうが・・・






posted by 玉三郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。