2007年12月09日

出たな!電気泥棒!


今朝、日常清掃をして頂いている方からの連絡がありました。

共用廊下にあるコンセントから延長コードで、ある部屋に電気を引っ張り込んでいるとの事。

そうなんです!

たまにいるのですよ!

「電気泥棒が!」

早速訪問する事に。

過去のパターンとして、この様なセコいタイプはすぐに家賃も滞って、挙句の果ては飛んでいくか、強制解約になるパターンです。

(あ〜ぁ!こいつも長くないんだろうなぁ〜!)と思いながら現地へ。

不自然にビロロ〜ンと伸びたコードが蛇の様に廊下を這っていました。

耳を澄ますとテレビの音が聞こえて来るし、電気メーターもグルグル回っている。

(こりゃー確実に居るな!しかもこの電気でテレビ見てやがる)ちっ(怒った顔)

「ドンドンドン」とドアをノックするが、出て来る気配なし。

「○○さん!管理会社です。ちょっといいですか!」

それでも出てこない。

それでは・・・と電気コードをコンセントから「ブチリ」と引き抜くと。

「あ!はい、すみません」と出て来た。

「ダメですやん!こんな事したら!電気代請求しますよ!」

こんな調子で説教を続けるわけです。

入居者はただひたすら謝り、もう致しませんと繰り返すばかりです。

それで現場から引き上げたのですが、必ずこの人は同じ事を繰り返します。

間違いありません!

これは私の経験で得た感ですが、はずれる事はないでしょう。

そして最後は先ほど話した通りの結末が待っているはずです。

今まで色々な入居者を見てきましたので、大抵の場合のパターンは決まっていますからね。

ちなみに今回のこの入居者は30代前半の女性ですあせあせ(飛び散る汗)



posted by 玉三郎 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。