2007年12月06日

病み上がりにきつい一発


参りました〜あせあせ(飛び散る汗)

今はやりのインフルエンザでこの2日間ダウンです。

まだ体調は完璧ではありませんが、業務をこなしてきました。
(皆さんもインフルエンザにはくれぐれもご注意を!)

そんな今日に限って約2ヶ月ぶりにI子おばさんからの電話がありました。

「もしもし?誰ですか?」

「玉三郎ですけど」

しかし、いきなり電話かけてきた方から、誰ですか・・・とはね。

このドヨ〜ンとした、聞き覚えのある声は間違いなくI子おばさんと確信できました。

一度聞いたら決して忘れられない声と話の内容ですから!

「あのね〜隣の部屋で3人の人が携帯電話で〜凄く大きな声でしゃべってるの〜!何だか怖〜い」

出たな!今回はこのパターンか!・・・さて、早く切り上げるにはそうしようか?・・・と思いながら話相手を続けることに。

「こうしてね、私が電話すると静かになるの〜」

ハッキリ言ってこの人もイッています。

I子おばさんのパターンはこの「電話で大声」と夏になると「上の階の人がダイブするんです」パターン。

これは誰が何処へダイブするのか不明ですが・・・窓からならば必ず即死ですけどね。

それとたまにしか出さない稀な「お相撲さんが・・・」

これは隣でお相撲さんがシコを踏むのでうるさいそうです。

これを読んでいる方なら笑い話で終わるでしょうが、この会話をうまく終わらせないと大変なんです。

長々と話すわけの解らない会話に怒って切ってしまうと、何度でも電話がかかってきます。

そうなると、こちらもイライラしますし、仕事も進まない!

こんな相手でこちらが腹立てたりする事事態がバカらしいじゃないですか?

なのでその相手によってスッキリと電話を切ってくれるパターンを見つけるのが得策です。

もちろん他にもわけの解らない電話をしてくる人は結構います。

皆、イッてます(このような表現ですみませんが・・・)

「壁の中から声が聞こえてくると言う男」

「室内に隠しカメラが設置されたと言う女」

「私は精神病患者です!と何故か喚く女」

「上の階の物音が俺を追いかけると恐れるおっさん」
等など・・・

疲れますたらーっ(汗)

この様な人達は大体、電話がかかってくるパターンも決まってます。

2ヶ月に一度の人、半年に一度の人と・・・て感じです。

新しい入居者でこの様な電話があれば我々スタッフ同士で「新種発見」と情報を交換しあい、今後の電話対応に挑む次第です。

この出来事で、またインフルエンザがぶり返さないように早めに休みます。










posted by 玉三郎 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

滞納者の部屋処理


昨夜お話しました先月の強制退去や夜逃げですが、今日は最後の1件の処理を終了しました。

その部屋の借主は40代後半のおばさんで、内縁の夫らしい人と5年程前から住んでいました。

以前は滞納など殆どなかった方なのですが・・・

今年の春ぐらいから少しづつ支払が遅れだし、2ヶ月分遅れては1ヶ月半分を支払ったりと言う状況に。

督促の訪問に行って支払日や支払方法の約束をしたりしていたのですが。

ほとんどの方の家賃滞納者へなって行くパターンや訪問時の言い訳は同じですよ!

(こりゃー多分ダメだな・・・遅かれ早かれいつものパターンだ!)

そう思いましたねたらーっ(汗)


そして2ヶ月分をまるまる滞納exclamation

すかさず訪問。

ドアをノックして出てきたのはおっちゃんの方。

訪問したのは昼過ぎの3時ぐらいだったと思います。

「どうなってますの!お約束の日に全く一銭のお金も入ってませんやん!」

こちらも責任ある仕事ですし、約束を破られた事もありますので口調も厳しくなります。

「すんません、今度の○日までには全額払いますので、間違いないです!キッチリ払いますから・・・」

と話す息が酒臭いダッシュ(走り出すさま)

仕事もしていなく、昼から酒呑んでて払えるわけもないのですが、最後の約束をする事に!

「解りました。○日に入金なければ部屋の入室出来なくなりますから、○日に振込したのではダメですからね!こちらが○日に確認するのですから!」

と最後の約束。(絶対無理だと思ってますがね)

やはり入金はなく、部屋の閉鎖と最終通告の手紙を貼って終わり!

本当に閉鎖されると思っていなかったのか、荷物はそのままでした。

kisisato2.jpg

その後連絡がないため、部屋の荷物を業者さんに依頼して倉庫へ移動したわけです。

さあ!これで改装して、入居者募集ができるのですよ。

しかし、今更ながら思うのですが、このような人達はどこへ行くのでしょうね?

今後も同じような生活を繰り返して生きていくのでしょうね?









posted by 玉三郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

先月の夜逃げと強制退去


今日は小さなトラブルはあったものの、静かな一日でした。

何故か土曜・日曜・祝日は静かな日が多いもんです。

おかげで先月からの事務処理がはかどりました。


日々はクレーム対応や家賃督促・修理や補修の手配等に追われる毎日です。

管理している件数も多いもので、社員だけでは追いつかない部分があるのも現実です。

それを解消するために、家賃の保証会社数社に一部の入居者達の保証業務を委託しています。

これはあくまで家賃に関する事だけですので、クレームやトラブルは私達の出番になります。

しかし、督促業務だけでも大変助かります。
しかも、夜逃げなどでも家賃は保証してくれるわけですから!

その保証会社が対応して頂いているうち、先月中の夜逃げと強制解約の件数は19件!

私達が対応したのは5件!

合計24件が不良入居者として、このようになったわけです。

普通て言ってよいのか、どうか解りませんが・・・

督促と言えば電話で入金の確認を本人にするとか、督促状みたいなモノを郵送するとかでしょうね。

2ヶ月以上の滞納者へは「内容証明郵便」などを郵送しているところも多いと聞きます。

ただ、私達が対応している滞納者はそんなもの全く効果ありませんexclamation

悪質でない方は電話で支払方法の相談や約束でいけますが。

そうでない人はとにかく会って、キッチリとした話と約束をしないとズルズルと滞納額が貯まるだけですexclamation×2

その様な人は手馴れているので、シッカリと詰めて話さないとこっちが呑みこまれる事になるでしょう。

確かに対応する側も面倒ですし、嫌な事です。

しかし!これがチャンと出来ないと、たまに目にする枯れ果てた、滞納者だらけのマンションになるわけです!








posted by 玉三郎 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

ポイ捨て・投げ捨て


この仕事をしていてよく思う事なのですが・・・

モラルの低い方が多いように思えてなりません。

実はそうではなく、この玉三郎が接する人達がその様な人が多いだけかもしれませんがたらーっ(汗)

テレビのコマーシャルでも、「タバコのポイ捨てはやめましょう!」てやつをやってますよね。

しかし、そんな程度でないのが更にモラルのない入居者達です。


今朝、ある管理しているマンションのお隣の方からのクレームがありました。

「実は昨夜なんですが、5階の廊下からチラシかビラをばら撒いている人がいまして」

「なんですと?それはどのようなモノですか?」

話を伺うと、よく自宅のポストに投函されている様な小さなサイズの美容院のチラシがバサバサーと数十枚か数百枚をばら撒いたそうです。

な・な・なんと非常識な!!

しかも、そんな事をして何のメリットがあるのでしょうか?

全く理解できませんよ!
理解できない事をするから非常識なのか?

全くわけがわかりませんし、そのマンションの入居者とも判断できません。

もし、チラシ配りのアルバイト君ならば、そんな事すればすぐにバレてしまいますしね。

上の階からの投げ捨ては色々あります。

各々別のマンションですが、コンビニ弁当のパックなどを窓から投げ捨てていて、気が付けば普段見えない裏側のスペースがゴミの山!

また別の所では火のついたままのタバコをベランダから捨てており、お隣の庭がタバコの吸殻だらけに!

他にも使ったティッシュペーパーを窓から・・・
コンビニの袋に入れたゴミを窓から・・・

隣接する方々が怒るのは当たり前です。
タバコなどは火事原因となるんですよ!!

ここら辺りではないか・・・と思われる部屋を訪問しても、平気で「知らない」や「上じゃないのか」などを言いきりますから。

自分がどの様な事をしているのか、全く解っていない様子ですから!

情けないと言うか、なんと言うか!

そしてこっちは近隣さんに責められるし(仕方ないのですが・・・)

これは決してではありませんが、モラルのない人は入居時の礼金等が0円や2〜3万円という小額で入居している人の中に多いようです。

もちろん!小額礼金等で入居された方でも、モラルを守り・社会生活を過ごしている方もいらっしゃいます。

これはマンションオーナーや管理会社の悩むところですが、敷金や礼金等をそれなりの金額に設定し、それなりの入居者を募集するのか?

または早期に空部屋をなくすために、金額設定を低くするか?

それぞれメリットもデメッリトもありますが、オーナーの考えにあった募集方法を管理会社と契約しているならば相談して決める事になりますね。







posted by 玉三郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。