2007年11月28日

結構身近にいる放火魔



夕方にあるマンションでのボヤ騒ぎが発生exclamation

今回は室内からではなく、エントランス横にあるゴミ入れの大きなプラスチック製ボックスからの出火!

隣接マンションの住人の方々の協力もあり、備え付けの消火器数本を使用し無事鎮火。

被害は現在ゴミボックス2台が焼けただけで大事には至りませんでしたが、この空気の乾燥した季節には非常に危険な出来事です。

今はまだ出火の原因も特定できていませんが、火の気がない所からの出火であることは事実です。

banner2.gif
人気ブログランキングへのクリックお願いします

別のマンションでの事ですが、今年の夏にも同じ様なボヤがありました。
もちろん、消防署・警察にも届けを出して巡回の強化にも協力して頂きました。
また、犯人特定のための捜査もしてくれていたようです。

そして約1ヶ月後、またもや同じマンションの同じゴミボックスが全て焼きただれる程の火が上り、ゴミボックス横の電柱も高さ3mぐらいの所までこげる不審火が・・・!!

(これは間違いなく放火だし、同じ奴に違いない!)
警察も同じ思いで捜査していたのでしょう。

数日後、犯人は逮捕されました!
但し、犯人はそのマンションの入居者だったんです!

無職のおじさんで、少し精神的に病んでいて生活保護で暮らしている人でした。
しかし、自分の住んでいるマンションに?
理由やその時の精神状態はわかりませんが、
色々な意味での危険な存在は結構身近にいるて事ですよ。
仕事がら私のまわりにはいつも色んな意味での、要注意人物と接する事が多いので、少し慣れで鈍感になる時もあります。

ちなみにその逮捕後に警察から連絡があり、家主さんに告訴して欲しいとお願いがありました。
聞けば、今のままでは放火ではなく「器物損壊」だけの立証しかできないかもわからないと。
そうすれば短期間で刑を終えてしますそうで。
常習犯らしく、警察側も重い罪で裁きたいので協力を・・・との事でした。

矛盾が多いこの世の中ですが、これもまた一つですなむかっ(怒り)
この犯人の例だと、法の裁きも首をかしげる事ですが・・・
その犯人の普段の生活費は我々の税金から支払われ!
そして納税している一般社会人に迷惑をかける!!

政府は「最低賃金アップ」を検討してますが!
そうでもしないと真面目に働いて、税金を納め、モラルを守って生きている人達にとっては、「なんだ!遊んで暮らしてる方がいいの?」て思えますよねちっ(怒った顔)





posted by 玉三郎 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸マンション管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。